ダーツのスタッツについて - ダーツマップドットコム

ダーツマップドットコムトップ > ダーツ資料館 > ダーツのスタッツについて

ダーツのスタッツ

スタッツ(stats)とは

スタッツ(stats)とは、01ゲームの場合、1投または3投の平均点、クリケットの場合、1投または3投の平均マーク数です。ダーツライブの場合は、3投平均、PHOENIXD-1は、1投平均で計算されます。 ダーツライブPHOENIXD-1ではスタッツの計算方法が違います。

01ゲームのスタッツ

ダーツライブの場合、501は、残りの点数が、100点をきるとスタッツが確定します。701は140点をきるとスタッツが確定します。80%の点数を削ると確定するので、80%スタッツと呼ばれます。

PHOENIXD-1の場合、点数が、0になった時点でスタッツが確定します。これを100%スタッツと呼びます。

クリケットのスタッツ

クリケットも同様で、ダーツライブの場合は、5ヶ所をクローズした時点でスタッツが確定し、PHOENIXD-1は全てクローズした時点でスタッツが確定します。

ダーツライブの場合、20,19,18のホワイトホース、17,16,15のホワイトホースで、スタッツ9確定となりますが、PHOENIXD-1は全てクローズしなければいけませんので、スタッツ9はだせません。

スタッツからレーティングが決まる

スタッツにより、ダーツのレーティングが決まります。 ダーツライブレーティングは、01ゲームの上がりやクリケットの最後のブル狙いの腕前を含まない数値といえます。 逆に、PHOENIXD-1は、最後に上がれなけれは上がれないほどスタッツが下がり、レーティングも低くなりますが、実質の腕前が分かると考えられます。

スタッツの保存

ダーツライブPHOENIXなどのカードで成績が保存できる機種では、2人以上で01かクリケットを対戦した時だけ保存されます。通信対戦機能の搭載されている機種でも保存されます。一人でのプレイや、カウントアップなどのプラクティスゲームでは保存されません。対戦したい場合は周りの人や店員さんに声をかけてみましょう。